カテゴリー「新幹線」の12件の記事

2009年2月24日 (火)

”FASTECH ”って、イルカ?

1 午前中、病院に寄ってから出社したら大宮駅で見慣れない電車を発見。3大部、細長い流線型で、なんかイルカのように見える。エンブレムは、”FASTECH 360”とあった。果たして、この電車、何なのだろう? 

2帰宅後、ネットで調べたら次世代高速新幹線の試験電車とわかった。最高速度は、時速360キロが目標らしい。いつもと違う時間帯に動いていると事ほど左様に、珍しいものが見えて嬉しい限り。色といい、細身の流線型は、まさしくイルカ。美しく、ほれぼれする姿態であった。

と、まー喜んでばかりはいられない。眼の手術後の経過が芳しくなく、来週には再入院・再手術することになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

有り難い「誤乗車証明」

三泊四日の沖縄出張を無事に終え、課の仲間と羽田空港第一ターミナルの、とあるお店で砂っ払い。開始時間が遅かったので成田線布佐駅降車のS嬢と私は、21:00前に残念ながら退席。私は浜松町で山手線に乗り換え、東京駅で更に上越新幹線に乗り換えて、高崎に向かったのだが・・・。

ゴーゴーという音で気がつけば、列車は既に高崎を過ぎていた。アー、やってしまった。この音がしたら上毛高原駅手前のトンネルである。15年に及ぶ新幹線通勤で寝過ごしたことはままあり、浦佐や長野に泊まったことは一度や二度ではない。この寝過ごし体験に共通することは、いつも東京で一杯(いっぱい?)飲ったときである。慢性の寝不足も要因の一つだが、体に染み込んだ停車回数と間隔が大きいような気がする。

Photoそして驚きと言えば、戻れる新幹線がなければ「誤乗車」証明を出してもらえて、始発列車に限って料金が免除され、更に長野新幹線・長野駅や上越新幹線・越後湯沢駅からの始発に乗れば、会社の始業時間に間に合うと言うこと。明日は、代休なのでそれには及ばぬが、一応、始発で帰ることにした。JRさん、ありがとうさんです!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

ポケモン新幹線

Photo_3523 今夏もポケモン新幹線が走っている。今日の帰路、大宮で長野新幹線の車両で遭遇。デジカメを取り出し、慌てて撮った写真3枚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

睡眠2時間半の朝

2_2今日締め切りの原稿が中々出来ず、寝たのは朝3:00過ぎ。起床はいつもの5:30。自宅を出た6:00の車庫の気温は1度。東の空は、青白い薄明かりだ。磯部田んぼでは、マイナス3度だったが、最初の信号ではマイナス2度。Max500_2 凜としてきっと富士山が拝めるぞ、いつもは高崎の乗り換えで時間までゆっくり控え室にいるのに、写真が撮れる好位置確保を目指して今日はそのまま新幹線のホームに行ってMaxたにがわ400号を待つ。

Photo_4発車して、先ずは浅間山をねらうがいまいち。熊谷付近で右手に冠雪した富士山らしき山を発見。Photo_5 大宮でしっかり富士山を撮ろうと思えど、残念ながら曇っていて見えず。全く持って、期待はずれの朝であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

「SOS」シール

Imgp2917 先週、新幹線の車内で赤地白抜きの「SOS」シールを発見。先月、JR西日本の特急列車内で起きた連続暴行事件を受けての対策だろうとJRの即応体制に感心していたが、Photo_325今日は信越線の車内でも同じものを見て驚いた。全車両に通報装置をつけたのだろうか?

Photo_324今日わかったことは、非常通報装置は以前から在来線、新幹線を問わず全ての車両に取り付けられていた、ということ。しかし、ボタンが小さく乗客には位置がわかりづらいというか存在を知らない人も多かった。そこで、この装置の位置を知らせる「SOSシール」を張り出すことになったらしい。

痛ましいあのような事件が二度と起きず、この装置を使うことがないことを願うばかり・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

24分の仕事場

Photo_163 今年になってから大宮発20:10の「あさま547号」に乗ることが多い。座れるかどうかは微妙なのだが、私は最初から諦め、自由席と指定席車両の接合部のいつもの所に向かう。この前後の新幹線車両と違って、「あさま547号」は比較的空いているから、私の向かうその場所はMy Spaceだ。周りには、ほとんど人はいない。かつては公衆電話が置いてあった所。あかりもある格好の仕事場に早代わり。ここで、しばし遣り残してきた仕事を続けるのであった!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 5日 (月)

喫煙者、受難かチャンスか?

Photo_967 春のダイヤ改正に伴い3/18(日)からJRの新幹線・特急列車が全て禁煙になるらしい。喫煙号車があるのは、寝台列車と他社に直通する一部の列車・団体臨時列車のみとなるようだ。喫煙者には、つらい列車の旅になるだろうが、嫌煙者には朗報だ。

「青春18きっぷ」で「ムーンライトながら」や「ムーンライトえちご」など基幹列車を結構使うが、禁煙車が取れなかった時の辛さっていったらなかった。これで一安心。

聞くところによれば、航空機で喫煙できないから海外旅行を諦めている人もいるとか。

これも時代の流れ。「絶煙」のチャンスとばかりに禁煙する人が増えてくれればいいが・・・。

「ここから、そしてこの日から世界の歴史の新しい時代が始まる」(ゲーテ) ("Von hier und heute geht eine neue Epoche der Weltgeschichte aus, und ihr könnt sagen, ihr seid dabei gewesen.")

だいぶ、大げさでした!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

取られる「トランヴェール」(2)―9月号

Photo_342Photo_340Photo_344 今日も帰宅はいつものMaxたにがわ473号。月初めということで、新幹線社内誌『トランヴェール』の9月号がおいてあるが、今日はいくつなくなっているか? 先月は、30シート中20シートだったが、今日は1830だった

Imgp0357 今月の特集は「越後村上、サケと町谷巡りの旅」。江戸時代に日本初のサケ増殖に成功し、独特なサケ文化を伝えてきた城下町・村上。ロシアからアメリカ・日本にいたる「サケ文化圏」のことや100種類を越えるサケ料理のこと、サケで栄えた町谷の佇まいなどが紹介されていて、結構おもしろい。

連載の「厳選の湯に浸かる」は、「玉川温泉」。2年前に作られた新しい温泉療法のスタイルを追求する宿が紹介されている。

Photo_343そして、「新幹線、その先の列車旅」は、仙山線。仙台―山形を結ぶ線だが、有名どころでは「山寺」がある。先の北帰行で下車した仙台の駅内通路で見た“おもしろ駅名”・「愛子」もこの仙山線だ。

さて、この「愛子」、なんて読むと思いますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

取られる「トランヴェール」

17:30にアポが入っていて、今日も帰宅はいつもの時間。Maxたにがわ473号で帰宅の途に。行きの新幹線ではほとんどあった新幹線車内誌『トランヴェール』が、大分なくなっているのに気づく。Photo_155 高崎止まりなので客が降りた後、ちなみにどのくらいないか数えてみた。2階建てMaxのいつも右側に座るので、そこを数えたら30シート中なんと20シートがなくなっている。週末でもあり、私のような常連の乗客がもって行ったのだろう。それしても、2/3とは驚き。

8月号の特集は「五能線で巡る白神、自然の旅」。期待して読んだが、今回の記事は全くインパクトなし。Photo_156

連載の「厳選の湯に浸かる」は、過日「露天風呂の日」で紹介した群馬・「宝川温泉」だった。あの時ちょっと否定的に書いた私だったが、少し興味がわいて来た。この週末に行ってみようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

ちょっと、変わ(え)るだけで・・・

「よくまー、降るね!」と朝の挨拶代わりに女房と話して出かけた今朝は、信越線が10分以上遅れて到着した。安中周辺はそれ程でもないのに、局地的に豪雨なのか? 吾妻線は始発から止まっていてバスによる代替輸送中とのこと。高崎でいつもの越後湯沢発「Maxたにがわ400号」に間に合わない。まさか、新幹線のダイヤは乱れていないだろうと思っていたが、さにあらず。次にくる長野始発「あさま500号」なら始業に間に合うのは経験済みだが、これも遅れていた。Photo_32 Photo_33

結局、2本遅れの高崎始発「Maxたにがわ472号」で会社に向かった。遅刻は必至。が、大宮で降車の際、新たな発見がひとつ。2階建ての階段を下りようとしたら、出入り口付近で座っている人がいる。あれ、こんな所に椅子があったんだ。この系統の車両にはこれまで何度も乗っているのに、見ても見えず・・・。いつもと違う時間帯に電車に乗るだけで、新たな発見があるものだ。

我々の日常って、そんなものなのかなあ? ちょっと、何かを変えてみるだけで違う世界が見えてくる。

やっぱり、人生って楽しい!! (結局、20分遅れで東武野田線に乗り換えたが、なんと間に合った!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)