カテゴリー「山」の4件の記事

2010年10月16日 (土)

赤城・地蔵岳に行ってきた

Photo_9

朝から晴。てんこさんを誘って赤城山へ。前日、「2~3時間、歩けるか」と聞いたのが間違いの元。平地ハイキングと思ったのか普通の運動靴である事が現地で判明。でも、既定方針通りの黒檜山から駒ケ岳に至るルートの登山口を目指す。車道を歩いて登山口に着いたら熊被害の看板と急坂におののいて、「やだー!」となってすぐさま退却。

Photo_21せっかく来たのだからと、登山時間1時間半の地蔵岳コースに変更して、赤城公園の駐車場に移動。赤城少年の家付近まで車道を歩き、緩やかな登山口から歩き始めた。20分もしないうちに、「もうやだー」と弱音をはくが、何とか元気付けて視界が開ける休憩地点まで辿り着く。ここまで30分。「3月に屋久島に行った時には、全然疲れなかったのに何でだろう?」「開けてないからかな~?」というが、おそらくモチベーションの違いだろう。樹林帯も抜けたし、あと25分で頂上だからと促して頂上を目指す。

Photo_3赤城・地蔵岳(1673.9m)には、話した通り25分で到着。北は抜群の眺めで眼下に大沼が、右奥には諦めた黒檜山・駒ケ岳、さらに右手にはかつて娘たちと散策した小沼が、左奥には武尊山が見える。

Photo_4なだらかでかなり広い頂上付近には、NHKや民放各局の無線中継施設がある。Photo_5Photo_6また首を刎ねられた地蔵が何体も並んでいた。明治の廃仏毀釈によるものだろう。中には、大きな梵字の板碑や道しるべだったと思われるものも。

Photo_7昼食後、さらに付近を散策したら一等三角点を発見。雲行きが怪しくなってきたので、最短コースで下山することに。

Photo_8木道で整備された八丁峠方面に降り、第一スキー場への林道を通って無事に駐車場に到着。総歩行時間は、一時間半。てんこさんは、ひざガクガクとの事。さて、次につなげられるか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

好天につき耕耘

Photo右目手術後の自宅療養中、一番やりたいができなかったことは農作業だった。好天の今日、眼帯を買ってきてその上からゴーグルをし、四ヶ月ぶりにいざ畑へ。冬を前に耕耘していた畑も春の陽射しを浴びて雑草が一面に広がっていたからだ。例年ならジャガイモの植え付けが終わっているはずなのに・・・。かみさんに手伝ってもらって雑草処理をしながら、4時間余りで耕耘終了。

Photo_2昼食後にコーヒーを飲みながら畑を見ていたら鳥が・・・。カラスかな?と思ったがちょっと違う。よく見たら雉子だった。Photo_3外に出て写真に収めようとして撮れたのがこれ。 一眼レフじゃないので、あまり期待していなかったが、PCで見たら自分なりには結構満足。

Photo_4その後、1ヶ月振りに温泉に出かける。向かったのは沢渡温泉・共同浴場。自宅を出てすぐ、北東・榛名山の右手に普段はあまり見る事がない冠雪した山が見えた。方角的に見ておそらく武尊山に違いない。感激して車を止めてパチリ。この山とその左手前にある迦葉山は未踏である。今年、行ってみようかな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

快晴・回眼・快飲

0326_3今日は、朝から快晴。昨夜の雨が周囲の山々では雪だったようで、うっすらと冠雪して素敵だった。ずっと大人しく自宅療養していたが、手術後3週間の検診で久しぶりの外出。お日様が眩しすぎた。

診察の結果は・・・。剥離の再発もなく、まずまず順調に回復しているようだ。私が気になっていたのは、左右の眼の照度の違い。左目はスッキリ見えるのに、手術した右目は薄手のサングラスを掛けているような感じだ、と言ったら、「分かります。感度の違いですね。それは不可逆的なものではなく、時間を掛けて回復を待つしかないですね!」ということだった。後は私の「眼力」(?)に期待するしかないのか? 散瞳剤の点眼中止と抗菌剤の点眼回数を減らすこと、来週から仕事に復帰してもいい、と告げられる。

Photoその後喜び勇んで、昨日から群馬県庁の1階ロビーで始まった古書市に寄る。6万点もの書籍を前に買いたいものは沢山あれど、財布との相談。手持ち資金ぎりぎりまでで買ったのは石仏関係を中心に8点。まずまず満足。再度行きたいが、先立つものが・・・。Photo_2(実は、その前に32階の展望ラウンジに行き、周囲の山を眺めた。 八ヶ岳・浅間山・谷川岳・苗場山など遠くの山は残念ながら見ることはできなかったが、すばらしい絶景スポットであった)

Imgp6578気分良く帰宅して、今宵頂いたお酒は、「結人 純米吟醸無濾過 中取り生酒」柳澤酒造(群馬・前橋)。

うーん、旨い。群馬のお酒で今、一番のお気に入りである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

ひょっとして、八ヶ岳?

朝目覚めたら久しぶりの快晴。病室から街並みを眺めていたら右隅に冠雪した山々を発見。あれ?と思いつつもっと見えそうな食堂に行って撮った写真がこれ。

Photo

荒船山の左手奥に位置しているから八ヶ岳だと思うのだが・・・。まさか、当地から拝めるとは思わなかった。

Photo_2Photo_3北棟のロビーに行ってみたが、谷川岳方面は曇っていて冠雪した山は見えず、残念。

午前の診察を終え、昼食を頂いた後にかみさんが向かえに来てくれ、退院。病み上がりの眼にはまぶしい春の陽射しであった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)