カテゴリー「食と農」の37件の記事

2009年11月23日 (月)

様変わりの農業祭

_1楽しみにしている安中の農業祭。昨年は仕事で行けず、二年振りだったが、着いた時には既に40人余りが並んでいた。私のお目当ては、コンニャクの種イモ。

_1_2 が、今年は、1点のみ出品しかも非販売。かつては3年物から今年の小芋まで出品されていたのに・・・。 残念! 当てが外れた。

_1_3出品の種類が大分減り、寂しい限り。結局、今年買えたのは種取り用の「しし柚子」と「?かぼちゃ」、果実酒用の「かりん」など。なんで、先細りになったのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

防鳥の工夫

実るほど頭を垂れる稲穂かな! 収穫の秋である。あちこちの田んぼで、雀対策が・・。

0102Photo_3先ずは、一面のネット。ネット押さえに市販の農業資材を使ったもの、黒ビニールの手作りのもの、ペットボトルを利用したもの、笹を使ったものなど様々。

Photo鳥除けにも耕作者の色んな工夫がある。案山子・マネキン・大きな目玉・傘・風車等々。どれだけの効果があるのだろうか? 見ていて飽きない秋の田んぼの風景である。(なんどやっても、これ以上画像UPが出来ない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

これ、ナニいも?

めずらしく、一日中、畑にいた。篠竹処理と里芋・八頭などの収穫。今年は、芋類を3列植えた。いつもの里芋・八頭はわかるが、新種の一列がなんだったかわからない。なんという種芋を買ってきて、植えたのやら? PhotoPhoto_3Photo_5 幹の勢いは一番すごい。 4月から6月のMyブログを探す。ジャガイモ系の「とよしろ」を今年初めて植えたのは、5月のブログに書いてあったが、里芋系の新種の記載はない。はて、このいも、何芋? 誰か教えて!

Photo_7 小芋をそのままゆでて、今宵のつまみにしてみた。味噌は、昨年の手前味噌だ。左から八頭・里芋・そして?。この食べ方で旨かったのは、やはり里芋であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

秋の夕陽の釣瓶落とし!

Photo_14 今日も快晴。畑仕事に打ち込む。篠竹は、畑の東北・西南の両方に浸食している。ここ数年の、怠慢の結果。この処理、だいぶかかる。60cmあまり、全体を掘り起こさないとすべての根を根絶できないからだ。

今日も完了せず。

Photo_15 今日は、遅ればせながらこんにゃくいもと里芋の一部を収穫。こんにゃくいもは、畑でしばし天日干しをして、次週末に収穫だ。そんなことをしていたら、もう夕暮れ。「秋の夕陽の釣瓶落とし!」を実感した今宵であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

味噌の切り返し

Photo_417 昨夜は、なぜかウィスキーをロックで飲みながらアジア杯・サウジ戦を見ていて、終わった頃には酩酊状態だったのかな? 2-3の敗戦までは知っていたが、気づいたらソファーで朝4時。楽しみにしていたオシムのコメントを聞いていない。私としたことが…。

Photo_419 そんな訳で今朝、いつもより早めに自宅を出たら磯部田んぼでサギ発見。農道に車を止め、写真を撮ろうと車を降りたら、後ろからきた車に「どうしたんですか?」と声をかけられた。東京に新幹線通勤している近所のHさんだった。ともあれ、電車の時間の関係で長居も出来ず撮ったのは2枚。

今日の昼休みは、手前味噌の切り返し。6月初旬、会津坂下町の目黒麹店で仲間5人と作った味噌だ。一時保管していた旅仲間のJさんが昨日、会社に運んでくれた。例年は一個だが、今年は「11111」キリ番のプレゼントに手前味噌を! との要望があったので2個。キリ番を踏んだ「七光台蕎麦の会」のF氏・T嬢と一緒にやることになった。痒いところに手が届くJ氏、保管してくれていただけでなく切り返し用の手袋とカビ防止用の塩を盛るビニールまで添えて持ってきてくれた。その気配りに感謝!

味噌の切り返しは、通常作って1ヵ月後くらいが目安。が、今月初旬は色々と多忙で受け取りに行けなかった。気をもんでいたが、やさしいJ氏が運んできてくれたというわけ。

Photo_423蓋を開けるまでもなく、味噌の甘い香りが漂ってきた。まず、カビ防止用に盛られた塩を取り除く。周囲にカビはなし。好しよし・・・。F氏・T嬢とワイワイやりながら切り返すこと数分。やっぱし、一人で黙々とやるより仲間とワイワイガヤガヤやるのが楽しい。02ちょっと味見したが、思ったほど塩辛くない。20日遅れた分だけ馴染んだということだろう。さて、ドンナ感じに熟成するか、秋が待ち遠しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

海水・塩のパワー

Imgp3457定期購読している『現代農業』八月号が届いた。特集は「ここまで見えた海水・塩の活用 法」。塩に拘っている私め、特集の60ページを一気に読んだ。その冒頭は、千葉県・JA山武郡市の取り組み「海っ子ねぎ」の話。おそらく半年くらい前の「朝日新聞 千葉版」で紹介された記事の追取材に違いない。3年前の台風で、海水を含んだ潮風が大半の野菜に深刻な被害をもたらしたのにネギだけは違っていて、食すと旨かった、その経験から海水散布するようになり、甘くて旨いねぎを「海っ子ねぎ」としてブランド化するようになったという話。その他、海水・塩の活用法があまた紹介されている。塩害を恐れず果敢に、この海水・塩使用を実践している方々や品種は、ネギ・トマト・たまねぎ・キャベツ・ブロッコリーなど野菜に限らず、米・麦、ミカン・ブドウ・りんご・茶など多種多彩で、手がけている篤農家は全国にいるようだ。

農業大国・アメリカで大量の地下水汲み上げが、塩害をもたらし農業生産が停滞している問題とは別次元の話とは言え、この海水・塩のパワーは耐病性や糖度のアップなど効果絶大らしい。Imgp3460 必要以上のナトリウムによって種の保存の危機に瀕してストレスを感じたものが生き延びようと苦闘したり、適度のナトリウムが植物にとってのカリの役割をする。そして、それ以外のミネラル分が旨みに転化するからなのだろう。

私も早速、今週末に試してみようと思う。塩希釈液と木酢との混合液などなど。ワーイ、楽しみだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

梅雨の晴れ間

Photo_351 今週初めての明るい空。気になっていた畑に、出勤前に行く。案の定というか予想以上というか、巨大なきゅうりの数々。三日で30センチ以上になっている。写真では、その大きさはあまりわからないが・・。(写真は、帰宅後に撮る)

0705 0705_1 今日は、朝夕ともなぜか余裕の一日だった。駅への道で運転しながら晴れた空を撮り、日が沈む前の帰宅途中でこれまた車中から夕日を撮る。こんなことってめったにない。しかも帰宅したら、珍しいピンクの霜降りラディッシュ。畑にあまり行かないカミさんが、天気に誘われて収穫してきたようだ。Photo_352 5月に私が蒔いたやつだが、霜降りは初めてなのでビックリ。でも、実は盛りを過ぎていて味はいまいち。白いやつの方がシャキシャキして旨かった。

やっぱし、お天道様って、ありがたい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

今宵は、「亀の王」

0616_1 先週末は、土日とも雨でほとんど農作業が出来なかった。その前の週は、会津で「亀の尾」の田植え。2週連続で畑に十分な時間を裂いていない。と言うわけで、畑はご覧の通り、雑草天国。朝から這いつくばって格闘。日差しは強く、ベトコンハットを被っていてもかなり顔が焼けたようだ。身体の方は結構慣れてきて、腰の痛みもそれほどではなかったが、夕方にはフラフラ。ラディシュ・キュウリ・ピーマン・フダンソウ・ズッキーニ・杏等を収穫。杏は明日洗って干して、杏酒を作るつもりだ。

今日のご褒美は、夏子の酒ゆかりの蔵の『純米吟醸 亀の王 生貯蔵酒』久須美酒造(新潟・長岡)。毎年この時期に出てくる季節限定の逸品だ。大吟醸の「清泉・亀の翁」はとても買えないが、これで充分。Photo_291 昨夜に続き、今宵も「亀」で酔いしれたが、こちらは正真正銘「亀の尾」80%使用のお酒。(20%は山田錦。昨夜の「亀の海」の使用米は、美山錦・ひとごこち)。山田錦とのコラボが絶妙で旨い。1本開けて酔いつぶれ、ソファーで寝てしまう始末であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

不揃いの果樹達

今朝は3:00頃までデータ変換などをしていたので、起きたのは十時過ぎだった。珍しい一日のスタート。曇り空だったので、朝食も摂らずに畑へ。2時間余り除草をしていたら激しい雨。やむを得ず農作業を中断して昼食。

Photo_251 先週の朝飯前の一仕事でわかっていたとはいえ、残念なこと一つ。下仁田ネギとにんじんを同じ床に蒔いたらしい。1週間ずれた種まきだったが、ある時一挙に沢山の作業をしたので記憶がずれてしまっていた。ウーム、悔しい。ネギは会津のKさん用に蒔いたモノ。にんじんは多分、植え替えできない。どうしたらいいか、誰か教えてください!

Dvd_1 さて昼食後、パソコンに向かっていたが、一向に雨は止まないので高崎の図書館に行き、DVDを返却し新たなものを借りてくる。

Photo_2521_2Photo_253Photo_254Photo_255Photo_256 帰宅したら雨も止んでいたので、日が沈む前にカメラを抱えて畑へ。今日は、「水も滴る果樹」を激写!

梅・桃・杏・桑・茱萸・柚子、まだ実を結んではいないがキュウイ・柚子の花と実などなど・・・。

Photo_259Photo_258Photo_257雨上がりの果樹に、青はる(?)を感じ、瑞々しい元気を頂いた夕げであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

「磯部田んぼ」のあれこれ

Photo_244Photo_242沢渡温泉からの帰途、自宅近くの磯部田んぼでしばし車を止めて何枚か写真を撮る。

当地は、嘘かほんとか「日本一遅い田植え」らしい。昨年、一番遅かった田は、7月末だったように記憶している。Photo_245現時点で田植えの済んでいるところは、数えるほどしかない。裏作の麦をやっているうちも大分減ったのに、田植えの日取りは以前と多分変わらない。どうして?

Photo_246 Photo_250女房の実家の田は、ご覧の通り。まだ水も張っていない。

田植えは来週予定。 となりのとなりの麦はもうすぐ収穫時期を迎えるが、蛙が戯れていた。

Photo_248 Photo_249 サギはまだ見ていないが、こんな鳥がいました。田んぼで、こんなに仰山カラスがいるのを見たのは初めてだ。何してるんでしょう? からすの行水ですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)