カテゴリー「経済・政治・国際」の2件の記事

2008年9月18日 (木)

歴史からしっかり・・・

昨年来のサブプライムローン問題が、ついに世界恐慌再来の様相を呈してきた。192910月のニューヨーク株式市場の大暴落に端を発した世界大恐慌。資本主義経済に組み込まれていなかったソ連を除く全世界に甚大な影響を与え、その後の第二次大戦につながった。

918日本は、それから2年後の918日。南満州鉄道の爆破を自作自演。謀略から満州国建国・中国侵略へとつき進んだ。2001911日のアメリカのあの事件もヤラセだったと言われ、アメリカはその後アフガン・イラクを攻撃・侵略するに至る。

918_2918_3 最近のアメリカの経済情勢を見ていて、8年前の2000年に“満州事変”の発火点となった場所を訪ねた記憶が蘇ってきた。同じ轍を踏んではいけない。歴史からしっかり学びたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

半減目標、先取り達成

先の洞爺湖サミットで、温室効果ガスの半減を世界目標にすることが宣言された。これを評価する向きもあるが、あくまでも宣言であり各国に削減義務はなく、全く担保されていない。最大排出国のアメリカが削減義務を課せられた京都議定書を離脱しながら、新興工業国を巻き込んで「あんたらも削減するんなら・・・」とうそぶいている。全くやる気もないくせにパフォーマンスだけは超一流だ。

かみさんから「似非エコロジスト」と揶揄されている私、三菱のRVRからトヨタのVitzに乗り換えて、今日初めての給油。走行距離は、549km。給油は32.85㍑。16.7Km/lであった。なんと、RVRの倍以上の燃費だ。サミットの半減目標化を既に42年前倒しで達成してしまった。ガソリン価格高騰で首都圏の車離れが進んでいると報道されていたが、地球温暖化問題を契機に自らの生活のあり方を問いながら見直す時期に来ているのだろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)