« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

壬辰・長月の発電・売電

台風が上陸して上州付近を通過したはずなのに、さして強風も吹かず雨量も思ったほどなく、万全の対策をしていたのにちょっと拍子抜け。マー、農作物の被害がなくていいことではあるが・・。

Img_1500_1

日中は雲が多く、発電は11.2kwhだった。して、今月の発電予測370kwhに対し、実発電量は521kwhで予想の141.0%。売電が409kwh(17,197円)で7月と大差ない。それにしても雨の少ない長月であった。秋晴れの続く来月の発電が楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

発電・売電の最小記録

今年6月の太陽光発電設備設置以来初の終日雨。

Img_1498_1

さすがに発電量は少なく、2.6kwh。こんな発電量でも、0.7kwh(29円)売電しているからすごい!!

「暑さ寒さも彼岸まで」というが、このまま秋になってほしいとせつに願うのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

久々の千円超え

Img_1387_1

先月は発電量が28.0kwhを越えた日が6日もあったが、消費量も結構あって売電が千円を超えることはなかった。今日は、PV(Photovoltaic power generation )設置以来二度目の売電1000円超えを記録。昼間、不在で昼食の準備をしなかったのが功を奏したのだろう。

Img_1388_1

まだまだ残暑は厳しいが、確実に日は短くなっている。冬至までに果たして再び1000円超えはあるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

楽しみな土産話

この夏も会社の同僚(といっても大半は女性だが)は、結構あちこち海外旅行に行ったようだ。アメリカ・ポーランド・トルコ・ギリシアなどなど。アウシュビッツ強制収容所に行ったHi嬢からは写真を、トルコのHa嬢からは「ラク」を、ギリシアのF嬢からはサーディーンと菓子を頂いた。

P1030764_1_2

「ラク」は、水を注ぐと白くなる不思議な酒で、「アスラン・スュチュ」(獅子の乳)とも呼ばれるトルコの代表的なお酒である。これまで一度も飲んだことはない。丁度つまみになるサーディーンもF嬢から頂いたので、さていつ頂くか・・・。

土産は嬉しいが、土産話が聞けなかったのが残念。その内、盃を傾けながらゆっくりと聞きたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

降ったり、止んだり、晴れたり

Img_1385_1

発電量シュミレーションで最も少ないのが今月。メーカー予測では、370kw/月である。先月から打って変わって、ここ両日の天気は確かにイマイチ。今日は、ドシャブリの早朝から止んだり、晴れたり・・・カメレオンみたいな天気だった。本日の発電グラフはこの通り。

Img_1374_1

驚きは、結構強い雨でも空が明るければ僅かながらも発電し、売電していること。単結晶のハイブリッドは凄い! 本日8.4kwhしか発電していないのに売電は4.9kwhで、売電は208円もある。節電・省エネにはまる所以である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

「八月一日」って、どう読むの?

ベターハーフのテンコさんの車の調子がいまいちなので、冨岡・高崎・前橋の中古屋さんを回った。結局、購うには至らなかったが、面白発見が一つ。とある販売店で頂いた名刺を見てビックリ。名前の欄に「八月一日 *」とある。

Img_1368_1_3

はて、これは何と読むのだろうか? 名刺には勿論ルビが振るってあるが、「珍しい苗字ですね!」と言ったら、「よく言われるんです。これまでテレビに何度も出ました!」という。さて、その読みは? 

「ホヅミ」であった。ネットで調べたら、なんと群馬に多い苗字らしい。、旧暦の8/1に稲穂を摘んだかららしい。九月一日に「八月一日」さんに会えるとは・・・。何とも不思議な縁である。これにちなんだ、苗字にはこんなものもあるらしい。「四月一日」(わたぬき,つぼみ)、「六月一日」(うりはり,むりはり,くさか)、「十二月一日 」(しわすだ)などなど。自然と対話して生きていた昔の世界って凄い! 少しづつでも、旧暦の世界に回帰したい私であった!! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »