« 2011年6月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年4月

2012年4月17日 (火)

私もついに・・・

昨日から体調がすぐれない。眼が熱を持ち、頭が朦朧とした感じですっきりしないのだ。年度当初の発熱の再来かと思ったが、どうも違う。ひょっとして・・・と思って、会社で血圧を測ってもらったら、179-90であった。

毎年8月にいく人間ドックでは、124-78と極めて普通の数値だったので驚きである。先週末の痛飲がいけなかったのか? 母や兄の高血圧の話は聞いていても、私には無縁だと思っていたのだが・・・。

Img_1158_1

数日前からベルトに着けている歩数計の数値は、11018歩。距離で6.6km、消費カロリー416.5kcal、歩行時間1.47時間とのこと。お酒を控えるつもりは毛頭ない。薬を使わずに、積極的に有酸素運動で何とかしたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

東北の酒蔵を応援する酒の会

昨夜は、会社の歓送迎会。幹事を終えて二次会から流れて今朝の3時過ぎまで飲んでいた。七光台のホテルに泊まって、帰宅は昼前。

高崎の「さくらの湯」で酒を飛ばしてから向かったのは、高崎百衣大観音で有名な慈眼院。格子戸を抜けて石畳の階段を下ったところにある「一路堂」で今日開催されたのは、「東北の酒蔵を応援する酒の会」。郷里・岩手に帰省する度に頂いている「月の輪」の杜氏・横沢裕子さんが来県すると言うのでずっと楽しみにしていた会である。

高崎・仲沢酒店さんのお客さんを中心に集まった般若湯好きは、30名強。横沢さんの挨拶後に「月の輪 大吟醸」で乾杯。ほのかな吟醸香が心地よい。次に頂いたのは「月の輪 純米吟醸 愛山」。純米吟醸とラベルにあるが、精米歩合は50%。大吟醸といてもおかしくない。

Img_1156_1_2

三酒目は、「月の輪 大吟醸 宵の月 生酒」。(カメラを忘れて画像がない。この画像は、いま自宅で飲んでいるもの)。特別純米酒や熱燗で飲むことをイメージして醸したという純米酒を頂いた後の6酒目は、試験醸造したという「純米大吟醸 仕込み98号」。山田錦に対抗すべく開発された酒造好適米・「華想い」(山田錦と青森の「華吹雪」の掛け合わせ)を岩手オリジナル麹・黎明平泉で醸したものらしい。残念ながらこれを頂く頃にはかなり出来上がっていてどんなお酒だったか分からなくなっていた。

_1_3

初めてお会いする方々と窓越しに満開の桜を愛でながらの酒談義。横沢裕子さんとのツーショットなどしていたらあっという間に2時間が経ってしまった。楽しい会をありがとうございました。仲沢さんと横沢さんに背中を押された感じで、10ヶ月ぶりにブログ更新が出来ました。感謝!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2012年7月 »