« 09年の「ホイリゲ」 | トップページ | 11月の般若湯 »

2009年11月29日 (日)

講演に先立って

昨日は、遅れていたサトイモの収穫と玉葱の植え付け。それは終えられたが、農作業自体は予定の2/3しか出来なかった。

_1_4今日は原稿を1本仕上げようと思い、いつもの六合村・応徳温泉に向かうつもりが、昨日の屈んだ作業で腰が痛いので、急遽、長野・松代の加賀井温泉に変更。八時過ぎに家を出る。上田市・稲倉の棚田を経て、加賀井温泉・一陽館に着いたのは、10:30頃であった。

Photo_3 今日は、大分込んでいた。二階の休憩室には炬燵が九つあるが、既に七つが埋まっていて空いていたのは入口付近の二つで、テレビの隣に陣取る。ふと、本棚に眼をやると、雑誌や新聞に混じって、政治関連の単行本が置いてあり、なんとその大半が田中秀征氏の本であった。

Photo_4実は、来月2日(水)、田中秀征氏の講演会に参加する予定だったので驚く。なんでここに? しかも5冊も・・・。[『さきがけと政権交代』東洋経済新報社(1994)、『田中秀征の論跡』近代文芸社(1995)、『時代を視る』ダイヤモンド社(1995)、『この日本はどうなる』近代文芸社(1997)、『舵を切れ-堅実国家への展望』朝日新聞社(1999]

Photo_5めくってみたらなんと、三冊に著者のサインがある。十数年前、この加賀井温泉・一陽館に浸かりに来ていたのか? おばさんに聞いたが、勤め始めたのが10年前からなので知らないという。

原稿を仕上げるつもりが、結局、これらの本を読む。思いがけない田中秀征氏との出会いであった。読み終えることが出来ず、2冊ばかり借りて帰宅。

田中秀征氏の講演を聞くのは、二度目となる。時代の転換期に日本の政治をマクロの立場から動かしていた氏が、かつての盟友で現首相・鳩山氏の政治をどう語るか、楽しみは尽きない。借りてきた2冊の本をこの一両日で読み、二日に備えよう!

|

« 09年の「ホイリゲ」 | トップページ | 11月の般若湯 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 講演に先立って:

« 09年の「ホイリゲ」 | トップページ | 11月の般若湯 »